プログラム

日時:2020年6月25日(木)26日(金)27日(土)
ポスター演題:掲示は26日(金)、発表は27日(土)
会場:万国津梁館
(沖縄県名護市)
テーマ:麻酔科医療をいかすテクノロジー

公募演題受付期間:2020年3月16日(月)〜5月15日(金)

2020年6月25日(木)17:00-19:00
企業共催セミナー:イブニングバトル
会長のつぶやき 学会で、こんな効率のよいセミナーがあるだろうか。医師も企業関係者も一緒に勉強できてしまう。同じ時間帯に他社の情報も収集できる、大変お得なセミナーだ!夕方に行われるので、イブニングバトル。しかし、決して他社の批判をしてはいけない。グレーゾーン程度は可。
麻酔効果のモニタリング(脳波と筋弛緩の臨床とテクノロジー

座長:片山勝之 手稲渓仁会病院
演者:
脳波モニター
   秋吉浩三郎 福岡大学(共催:マシモジャパン)
   長坂安子 聖路加国際病院
(共催:コビディエンジャパン)
筋弛緩モニター
   演者選定中(共催:日本光電工業)
   北島 治 日本大学(共催:アイ・エム・アイ

2020年6月25日(木)19:00-21:00
JSTA38懇親会(情報交換会)
会長のつぶやき 恒例のJSTA懇親会。今年もやります認定試験。過去問の改変問題を半分程度は出題しますのでリピーターには有利なはず。半分は新作問題です。過去にはなかったような、こだわりの賞品を多数用意しています。懇親会参加費以上の収穫があるかも。
麻酔科学サマーセミナー参加者も企業関係者も参加可能です(懇親会費をお支払いください)
情報交換会企画として、第2回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会認定試験を行います
認定基準に到達した方には認定証を発行します)。
同時に、成績順にプレミアム賞品(ほぼ広島産)選択権が得られます。

2020年6月26日(金)8:00-17:00
シンポジウム AIMS(自動記録)から自動麻酔へ
会長のつぶやき 話題の麻酔の自動運転に関するシンポジウム。さまざまな利点や問題点を提示してもらい、その意味を考えます。今の自動運転は、果たして皆さんの期待するものなのかどうかも焦点です。早朝より多数のご来場をお待ちしています。
座長:讃岐美智義 呉医療センター・中国がんセンター 
シンポジスト:長田理  国立国際医療センター
       松木悠佳 福井大学       
       荻野芳弘 日本光電工業
       岩瀨義範 埼玉医科大学

特別講演  ウェアラブルデバイスの基調講演(仮)
会長のつぶやき ウェアラブルの伝道師、塚本昌彦先生。JSTAでは2度目のご登壇です。どの様な衣装や出で立ちで、お越しいただけるかも楽しみです。会長はウェアラブルは、大好きです。
座長:内田 整 千葉こども病院
演者:塚本昌彦 神戸大学大学院

特集テーマ(公募) 麻酔科医療をいかすウェアラブル
会長のつぶやき ウェアラブルを麻酔科医はどの様に生かしているのか。その使い勝手はどうなのか。麻酔科医療には様々な場面での活用が期待されますが、実際に活用している方々のお話を聞きたいと思います。活用事例だけでなく開発に関する演題でも応募可能です。抄録審査でシンポジウムに採択します。
ガジェットやウェアラブルデバイスなどの個人および組織での活用に関する演題を募集します。アプリ開発や活用に関する演題でもOKです。医療関係者だけでなく企業からの発表も歓迎します(これから準備すれば間に合います!)抄録審査で公募シンポジウム演題を採択します。シンポジウムに採択されなかった場合にも口演に優先的に採用します(シンポジウム採択は、2020年5月15日までに応募のもの) 演題募集はこちら

一般演題口演(公募)
会長のつぶやき 一般演題の口演は、メイン会場のサミットホールで6月26日(金)に行います。ポスター演題は6月27日(土)夕方に行います。各セッションで最優秀演題を選定しますので、口演かポスターのどちらに応募するかは、ある意味、戦略です。最優秀演題には、表彰します。プレゼンテーションや内容で、目を見張るものがあった場合には、会長特別賞も用意しています。
麻酔・集中治療 テクノロジーに関する演題を広く募集します。口演演題とポスター演題からそれぞれ最優秀演題を表彰します。 演題募集はこちら

口演発表は6月26日(金)午前、午後 
ポスター発表は6月27日(土)午後

公募演題の場合、筆頭演者麻酔・集中治療テクノロジー学会会員に限ります 学会入会案内はこちら

ランチョンセミナー(共催:PHILIPS):手術侵襲評価テクノロジーに関する講演(仮)
会長のつぶやき ランチョンセミナーは、会長の独断で手術侵襲度を評価するテクノロジーをテーマにしてみました。手術侵襲度をどの様に考えるのか、定量化する手法はどの様なものなのか、興味はつきない話題だと思います。
座長:萩平 哲 関西医科大学
演者:廣瀬宗孝 兵庫医科大学 

機器・パネル展示(企業)
会長のつぶやき 泣く子も黙る、ショートプレゼンラウンド。厳しめの座長が仕切ります。企業がどの様に、手短にインパクトのあるプレゼンをするのか。短く重要なこと、知って欲しいことをどの様に伝えるのか。優秀プレゼンテーション賞を2本用意しています。
麻酔・集中治療とテクノロジーに関する機器やパネル展示を広く募集します。機器パネル展示ブースを、参加者で廻るテクノロジーラウンドを行います(各社5分程度で、切れのあるプレゼンをご用意ください)。

JSTA38優秀賞、会長賞等の表彰式
一般演題(口演)最優秀賞、プレゼンテーション賞、ウエアラブル賞、特別賞、その他の表彰を16:40頃から行います。

2020年6月27日(土)16:00-17:00
一般演題ポスター(公募) 麻酔・集中治療 テクノロジーに関する演題を広く募集します。ポスター演題から優秀演題を表彰します。 演題募集はこちらポスター発表は6月27日(土)16:00頃から
ポスター部門最優秀賞(表彰)もボスターセッション終了時におこないます。

麻酔科学サマーセミナーとの共同企画
表彰式は6月27日(土)19:00頃から(第17回麻酔科学サマーセミナー情報交換会にて

アイデアコンテスト(公募)ーポスター形式(貼付期間:6月26日-6月27日)
会長のつぶやき 麻酔科医療で困っていることを解決するアイデアを募集します。応募は、演題応募から1600字以内の抄録を登録して下さい。会場にはポスターを貼付してください。参加者全員の投票で、最優秀賞を決定します。投票は、会場のポスター掲示をご覧になり、参加証についている投票チケットをつかって、表彰式2時間前までに参加受付の投票箱に投函して下さい。最優秀作品に投票したかたのなかから、ピタリ賞として豪華賞品を差し上げます。
麻酔科関連手技や手順リストやシステムに関するアイデアコンテスト(こうすればいいんじゃない!どうだ!)
応募資格はテクノロジー学会参加登録者またはサマーセミナー参加登録者(参加登録者であれば企業の方も応募できます)

フォトコンテスト(公募)ーWEBサイトから応募できます(応募期間:5月1日ごろ-6月27日 17:00)
会長のつぶやき WEBサイトに応募サイトを用意します。セミナー開始1−2ヶ月前から応募サイトをオープンします。参加者全員の投票で、最優秀賞を決定します。投票は、応募サイトの掲示をご覧になり、参加証についている投票チケットをつかって、表彰式2時間前までに参加受付の投票箱に投函して下さい。最優秀作品に投票したかたのなかから、ピタリ賞として豪華賞品を差し上げます。
一眼レフ写真だけでなく、スマホ写真応募できます:応募資格はテクノロジー学会参加登録者またはサマーセミナー参加登録者(参加登録者であれば企業の方も応募できます)

表彰 特集テーマ、各種コンテスト、一般演題、機器・パネル展示などで優秀な発表には賞状および副賞(限定品)を授与します

参加特典 参加者全員に オリジナルの記念品を差し上げます(いけてるかも)

おみやげ、おやつなども準備いたします。